現在のリサイクル方法に満足できていますか?

愛知・岐阜・三重・静岡県内の食品残さに関わるすべての事業者さまへ

~ こんな悩みや問題を抱えていませんか? ~

CZ036_L

◆飼料化?肥料化?選びたいけれど、どこの業者に安心して任せられるか…。

◆食品残さの処理には、なるべく手間やコストをかけずにできないか…。
◆食品残さを使った飼料の使用は初めてなので不安…。
◆今の取引業者は果たして適正な処理を行っているのだろうか…。だけど頼れる相談相手がいない…。

◆リサイクルループの構築や完成後のサポートはしっかりやってくれるのだろうか…。


当協議会ではこのような活動をしております。

JP139_72A◆食品残さの飼料化・肥料化のリサイクルをサポートいたします。


◆各事業者さまの実情にあったリサイクル方法・コストの見直しをご提案いたします。


◆食品残さのリサイクル処理に関すること(費用、方法、法令関連など)はいつでもお気軽にご相談ください。


◆また、私どもは新たな取り組み事業として、「黒麹菌の発酵を利用したリキッド飼料・乾燥飼料の生産」を広める活動も行っております。


pic2




私たちの活動目的


1.適正な食品リサイクルの普及

・食品残さは貴重な食品循環資源です。これまでの飼料化・肥料化などの技術に加え、新たな技術を普及させる広域ネットワークを構築し、適正かつ安全な食品リサイクルを普及させます。


2.我が国における食の自給率向上

・飼料価格の高騰から、食品残さを使ったエコフィード(飼料)の生産や利用は輸入飼料の代替品としての期待が高まっています。私たちはエコフィードの安定的な供給や品質の安定性の確保、そしてエコフィードを利用した畜産物に対する消費者の理解を促進し、飼料自給率を上げることによる食の自給率の向上を目指します。


3.農畜産業生産者の経営の向上と安定

・現在、飼料費・肥料費は高騰しておりますが、食品リサイクルの推進は農畜産業における生産コストの低減化に繋がります。私たちはこうした農畜産生産業の経営状態の向上・安定に貢献します。


4.資源循環型社会の形成

・私たちは、農業分野と食品産業分野の連携協力から得られるエコフィードの利用、さらには耕種農業と畜産業の連携(耕蓄連携)によってもたらされる粗飼料の利用を促進し、資源循環型社会の構築に寄与し、その成果を日本の食料自給率の向上・食料安全保障の確保、有機性資源の利活用による新産業の創出、低炭素社会の実現という形で社会還元されることを目指し、活動して参ります。